J-オイルミルズのCSR

J-オイルミルズグループは、企業理念「Joy for Life」の実現に向け、ステークホルダーからの期待に応え、常に企業としての社会的責任を果たすことを念頭に置き、企業活動を行っています。人々の食生活に密接に関わる製品を社会に提供する企業として、お客様や社会の抱える課題を健康や食資源などの観点から解決し、社会の持続可能な発展に貢献していきます。

CSR推進体制

当社は、2016年度にCSR部CSR推進グループを新たに設置しました。現在はCSR推進グループが中心となり、社内の各関連部署と常に連携を取ることで、社内外におけるCSR推進体制を強化しています。

ステークホルダーエンゲージメント

J-オイルミルズのステークホルダー

J-オイルミルズグループは、事業活動において、社会との関わりを重要視しています。J-オイルミルズグループはステークホルダーを「お客様」「従業員」「株主・投資家」「お取引先様」「地域社会 NPO・NGO」と定めました。各ステークホルダーの皆様との対話を促進し、パートナーシップの強化に努めることで、各ステークホルダーの皆様、J-オイルミルズグループ双方における価値創造を目指します。

有識者ダイアログ

当社は、特定非営利活動法人循環型社会研究会の山口理事からJ-オイルミルズレポートにご意見を頂いています。また2018年7月には山口先生を「おいしさデザイン工房」にお迎えし、意見交換を実施しました。対話の中で当社のCSR課題を明確化し、課題の解決と、さらなる価値創造に向けた取り組みを推進しています。

外部イニシアチブ

当社は、責任ある調達を実行するため、2011年から「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」に加盟しています。

団体会員資格

当社は、一般社団法人 日本植物油協会、日本マーガリン工業会に加盟しています。